WEBデザイン・ホームページ制作・専門知識のいらない更新管理を提供するMERCURY。ランニングコストがかかりません。板橋 池袋 豊島区 東京

SEO対策

制作したサイトにアクセスする方法としては、80%は検索サイトからと言われています。

サイト登録は不可欠!

検索サイトの種類

せっかく魅力のあるホームページを制作しても、アクセスしてもらえないと意味がありません。探したいサイトを調べる場合、検索サイトを使って検索します。 検索サイトのシェアはYahoo、Google、MSNの順になっていますが、実は、Googleのサーチエンジンを使用しているところが多いので、実際には、上位の三大サイトでシェアの大半を占めているといえます。
現在、ディレクトリ型とロボット型の2種類があります。

→ディレクトリ型検索エンジン
現在、検索サイトが提供している検索システムの種類は、Yahooが提供しているのは、ディレクトリ型検索で、登録申請のあったホームページ(Webサイト)を手動で登録する仕方とロボット検索の結果を合わせた独自の検索システムです。

→ロボット型検索エンジン
Googleは、ロボット型全文検索エンジンで、スパイダーとかクローラーなどと呼ばれる自動巡回ロボットがインターネット上のホームページのリンクをたどりながら巡回し、データ全文を収集して解析し、検索しやすいデータやファイルに変換して保存される仕組みになっています。
また、ディレクトリ型サーチエンジンとロボット型全文検索エンジンの両方を兼ね備えた複合型検索サイトもあって、多くが採用している現状です。

対策方法

SEO対策とは、実際どのようなことをするかと言うと、ページ内容に見合ったキーワードを効果的にページ内に並べ、ページを最適化することです。
SEO対策専門業者では、費用もまちまちで、数万円~数十万円、または、数百万円掛かる業者もあるでしょう。今までの実績と、細かいリサーチがなされ、過去のデータも多く保有しているものと思われ、実際に成功事例を挙げて顧客を増やしているものと思われます。
当社では、SEO対策費用は頂いておりません。ですから、上位に必ず表示される保証はありません。
しかし、今までの実績では、ターゲットとするキーワード2つに絞って設定しているところ、Yahoo及びGoogle、MSNにて1位~10位以内に表示することができました。
当社では、お客様にキーワードを提示していただき、それをページ内に能率良く配置し、最適化をさせていただきますので、SEO対策料金としては、別途請求はしておりません。

PAGETOP